NFTとは?アート・ゲーム・メタバースまで広がるNFTの始め方

NFTとはNon-Fungible Tokenの略称で日本語では非代替性トークンと呼ばれています。ブロックチェーン上で作成される唯一無二のトークンを指し、複製不可能なデジタル著作権物などに適用可能な技術です。昨今、このNFTに注目が集まっており、ゲームやデジタルアートなどで利用が拡大しています。
  • 2022年6月13日
  • 2022年6月13日

NFTとはNon-Fungible Tokenの略称で日本語では非代替性トークンと呼ばれています。

ブロックチェーン上で作成される唯一無二のトークンを指し、複製不可能なデジタル著作権物などに適用可能な技術です。昨今、このNFTに注目が集まっており、ゲームやデジタルアートなどで利用が拡大しています。

多くの日本企業も参入を表明しておりNFT市場が世界中で盛り上がっていますが、NFTについて「まだよく分からない」と感じている方も多いのではないでしょうか?

こちらの記事では、NFTの魅力や将来性を詳しく解説しています。

NFTアートやメタバースに興味のある方や、仮想通貨とNFTマーケットプレイスの関係性が気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

※本記事の価格は全て税込みです。

NFTとは

NFTアートと仮想通貨

NFT(Non-Fungible Token)とは、非代替性トークンのことを意味する言葉です。

非代替性とは「変わりがない」「同じ価値のものはない」という意味で、例えばAさんの1万円札とBさんの1万円札は同じ価値で交換ができますが、Aさんが描いた絵とBさんが描いた絵は別のもので価値が異なります。

そうした非代替のデジタルコンテンツをトークン(暗号資産)に変えて資産価値を持たせ、市場取引を可能にしたのがNFTです。

ネット空間を利用した新たな売買システムであるNFT市場には世界中が注目しており、楽天やGMOをはじめとした日本の大手企業も次々に参入を表明しています。

NFTは偽造のできないデジタルデータ

NFTの取引イメージ

NFTを簡単に説明すると、「偽造が不可能な鑑定書や証明書がついたデジタルデータ」になります。

従来のデジタルデータは複製(コピー)や改ざん・加工が簡単にできるため、絵画やジュエリー等のように資産的価値を持たせることはできませんでした。

しかしブロックチェーンを利用したNFTであれば第三者の介入によるコピーや改ざんができず、デジタルデータ自体に唯一無二の資産としての価値を与えることができます。

NFTの特徴
  • ブロックチェーンを利用して構築されたトークン
  • 偽造できない鑑定書や証明書がついている
  • デジタル資産としてマーケットで売買される
  • 株式や金のように価格が上下する

高額な取引が話題のNFT市場

NFTが利用できる分野は幅広く、ネットワーク上で公開される音楽やマンガ、ゲーム・デジタルアートはもちろん、あらゆるものを資産として売買できるようになりました。

2021年3月にはTwitter創業者ジャック・ドーシー氏の初ツイートが約3億円で落札され大きな話題に。

また、8歳の少年が描いたデジタルアートが約160万円で取引されるなど、これまで無価値と考えられていたものが次々に高額で売買されています。

NFTの仕組みと利用方法を解説

NFTとブロックチェーン

資産としてNFT取引を可能にしたのがブロックチェーンの技術です。

なぜブロックチェーンを利用すればデジタルデータが改ざんできなくなるのでしょうか?そこには主に2つの理由があります。

ブロックチェーンで構築されたNFTが改ざんできない理由
  • 多数の参加ユーザーが相互に検証してチェックしているから
  • 全てのブロックを改ざんするのは不可能に近いから

ブロックチェーンはネットワークの参加ユーザーが取引記録を共有してみんなで管理しているため、悪意のある一部ユーザーがいたとしてもデータの改ざんが難しい仕組みになっています。

また、取引記録はブロックごとにまとまってチェーンでつながっており、1つのブロックを改ざんすれば、そのあとに繋がるブロックのハッシュ値や取引記録を全て改ざんしていかなくてはいけません。

そこまで大掛かりな改ざんは不可能であることから、NFTで利用されているブロックチェーンは不正に手を加えることが難しいと考えられています。

ハッシュ値とは、ブロックごとの計算(アルゴリズム)で算出されたデータ値のことを言います。情報が少しでも書き換えられた場合、ハッシュ値が全て変わってしまいます。

このような理由があるので、ブロックチェーンの信頼性がNFT市場で扱われるデジタルデータの資産価値に繋がっているのです。

NFTの利用 3つの方法

NFTマーケットプレイスのイメージ

NFTの利用には売買・出品・関連仮想通貨の取引という、3つの方法があります。

  • NFTを売買する
  • 自分の作品をNFTとして出品・販売する
  • NFT関連銘柄の仮想通貨を取引する

NFTの売買

NFTマーケットプレイスに出品されている作品を売買すれば、誰でも気軽にNFTを始められます。

マーケットプレイスによって出品されているアイテムのジャンルや、取引に利用できる仮想通貨(暗号通貨)が違います。

NFTマーケットプレイスにアカウント登録する際は、利用できる仮想通貨(暗号通貨)の銘柄をチェックしておきましょう。

自分の作品をNFTとして出品・販売

せきぐちあいみさんのVR作品「Alternate dimension 幻想絢爛」

イラストや音楽・マンガなど自作のデジタル作品がある方は、それらをNFTマーケットプレイスに出品して収益を得ることが可能です。

無名のイラストレーターがNFTに参入して1作品数十万円を稼ぐようになったり、VRアーティストのせきぐちあいみさんの作品が約1,300万円で落札されたりと、NFTで人生が変わったアーティストも増えています。

NFT関連仮想通貨を取引

ブロックチェーンの技術が生かされたNFT市場は仮想通貨(暗号通貨)との関連性が大きく、ほとんどのNFTマーケットプレイスで決済に仮想通貨(暗号資産)が使えます。

NFTの取引ではイーサリアム(ETH)が使われることが多いですが、その他にエンジンコイン(ENJ)やテゾス(XTZ)など価格の安いアルトコインで売買できるマーケットプレイスもあります。

NFT関連の仮想通貨を購入しておけばNFTのアイテム購入に使えますし、今後のNFT市場の発展を期待して投資しておくこともできます。

NFTは儲かる?資産形成の仕組み

NFT取引のイメージ

NFTマーケットプレイスではさまざまなデジタルコンテンツが販売されていますが、それらを購入して所有しておけば、時間と共に価値が上がって儲けが出ることがあります。

また、NFTがメタバース上のデジタル資産として広く認知されれば、これまで資産形成で実際の絵画やワインに投資していた人達がNFTに流れて、さらに価値が上がり儲かる可能性も高まります。

メタバースとはデジタル上にある仮想空間のことを言います。アドベンチャーゲームなどの世界も、広い意味ではメタバースです。

メタバースには既に仮想ショップを出店しているブランドが複数あり、大手アパレル会社のGAP(ギャップ)はメタバース「Roblox」内にバーチャルブティックを展開。

2022年1月にはNFTコレクションまで開催して話題になっています。

また、米ウォルマートはNFT事業参入のため米特許庁に申請を済ませており、今後はメタバースで仮想おもちゃや電化製品、家具、スポーツ用品などを販売する予定です。

現在はアート作品がNFTの中心となっていますが、メタバース内で活動するアバター用のファッションアイテムやデジタル不動産など、NFT市場を利用した資産形成の仕組みは発展を続けています。

NFTの資産としての安全性

NFTはブロックチェーンを利用した改ざんが不可能なデジタルデータで、世界で一つしかない作品をデジタル上に自分の資産として所有できるのが魅力です。

ただ、著作権を侵害している違法NFTアート等も増えており、詐欺に巻き込まれる可能性も。

価値があると思って購入したNFTが違法であった場合でも支払った金額は戻ってこないため、取引は慎重に行う必要があります。

NFTについては利用者が増え始めたのが2021年からということで、法整備が間に合っていない現状があります。

トラブルには細心の注意を払いましょう。

NFT用仮想通貨の特徴紹介

イーサリアムと世界地図

ここからは、NFT市場で使用できる仮想通貨(暗号通貨)の種類と特徴をご紹介します。

NFTマーケットプレイスによって使用できる仮想通貨(暗号資産)が違いますので、ぜひチェックしておいてください。

イーサリアム(ETH)

イーサリアム

イーサリアムは、2013年に当時19歳だったヴィタリック・ブテリン氏によって考案されたプラットフォームで、そこで使用される仮想通貨(暗号資産)をイーサ(ETH)と呼びます。

2022年6月5日現在のイーサリアム価格は 233,918.40円で、時価総額は世界第二位の28,319,795,529,383円です。

現在、NFT取引の大半でイーサリアムが使用されており、NFT市場の成長とともにイーサ(ETH)への注目度もアップしています。

イーサリアムはコインチェック、ビットフライヤー、DMM Bitcoinなど、数多くの仮想通貨取引所で取り扱いがあります。

エンジンコイン(ENJ)

エンジンコイン

エンジンコインは2017年7月に発表された仮想通貨(暗号通貨)で、NFTプラットフォーム「Enjin」で使用できます。

2022年6月5日現在のエンジンコイン価格は81.58円で、時価総額は72,607,027,466円です。

プラットフォーム「Enjin」では、オンラインゲームで遊びながら手に入れたアイテムをエンジンコインに換金できるシステムがあります。

エンジンコインが取引できる仮想通貨取引所はコインチェックとGMOコインです。

テゾス(XTZ)

テゾス

テゾスはNFTプラットフォーム Hic et Nunc で使用できる仮想通貨(暗号資産)です。

2022年6月5日現在の価格は250.42円で、時価総額は224,684,370,266円になっています。

エネルギー消費の少ない LPoS(リキッド・プルーフ・オブ・ステーク)の採用やカーボンフットプリントの推進など、常に環境に配慮した活動をしており、プラットフォーム Hic et Nunc には環境問題に関心を持つアーティストが集まっています。

テゾスが取引できる仮想通貨取引所は、ビットフライヤーとGMOコインです。

サンド(SAND)

SANDBOXのメタバース

サンドは、NFTゲーム「The Sandbox」で発行・使用される仮想通貨(暗号通貨)です。

2022年6月5日現在の価格は167.45円で、時価総額は約206,084,204,775円になっています。

「The Sandbox」ではメタバース上の土地の貸し借りや作成したキャラクターを販売したりと、さまざまな方法でサンドを稼げる仕組みになっています。

サンドを取引できる国内の仮想通貨取引所は、コインチェックのみです。

シンボル(XYM)

仮想通貨シンボル(XYM)ロゴ

シンボルはNFTマーケットプレイス「COMSA」で使用できる仮想通貨(暗号通貨)です。

2022年6月5日現在の価格は7.37円で、時価総額は約41,042,251,710円になっています。

COMSAはNFTに加えてFT(代替可能トークン)も取引できるのが特徴で、個人でも団体でも簡単に作品を出品できるシステムです。

シンボルを取引できる仮想通貨取引所は、GMOコインとビットバンクになります。

NFTを取り扱う国内取引所

イーサリアムの仮想通貨取引所

ここからは、NFT用の仮想通貨(暗号通貨)を取引できる国内の取引所を紹介していきます。

コインチェック(Coincheck)

Coincheck
入金手数料無料
出金手数料一律407円
取引手数料(BTC)販売所スプレッド
取引所(現物)無料
最低取引単位(BTC)0.001
取扱暗号資産18種類
レバレッジ取引なし

コインチェックではイーサリアム(ETH)やエンジンコイン(ENJ)・サンド(SAND)などのNFT関連仮想通貨を取引できます。

500円から仮想通貨への投資ができますから、エンジンコインやサンドのように価格の安いアルトコインの取引には最適ですね。

取引ツールがシンプルで使いやすく、初心者でもわかりやすい専用アプリが人気です。

GMOコイン

GMOコインの説明

GMOコイン
入出金手数料無料
取引手数料(BTC)販売所スプレッド
取引所(現物)Maker:-0.01%
Taker:0.05%
取引所(レバレッジ)無料
暗号資産FX無料
最低取引単位(BTC)販売所0.00001 BTC
取引所0.0001 BTC
取扱暗号資産23種類
レバレッジ取引最大2倍

GMOコインでは、イーサリアム(ETH)やテゾス(XTZ)、エンジンコイン(ENJ)、シンボル(XYM)などのNFT関連仮想通貨を取引できます。

マイナーなアルトコインを幅広く揃えており、レバレッジ取引可能な銘柄が豊富なのも魅力です。

2021年度のビットコインの取引高が国内NO.1で、オリコンの顧客満足度でも1位に輝いています。

ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer(ビットフライヤー)キャプチャ

[table “26” not found /]

ビットフライヤーでは、イーサリアム(ETH)とテゾス(XTZ)などのNFT関連仮想通貨を取引できます。

Tポイントのビットコイン引き換えやかんたん積み立てなど、仮想通貨を身近に感じる様々なサービスを展開しているのが特徴。

スマホアプリ「bitFlyerウォレット」の評判も高く、初心者でもつまづくことなく取引が楽しめます。

ビットバンク(bitbank)

ビットバンク

bitbank
入出金手数料入金無料
出金550円/770円(3万円以上)
取引手数料(BTC)販売所スプレッド
取引所(現物)Maker:-0.02%
Taker:0.12%
(一部銘柄を除く)
取引所(レバレッジ)取扱いなし
最低取引単位(BTC)販売所0.00000001 BTC
取引所0.0001 BTC
取扱暗号資産20種類
レバレッジ取引取扱いなし

ビットバンクでは、イーサリアム(ETH)とシンボル(XYM)などのNFT関連仮想通貨が取引できます。

アルトコインの種類が多くチャートも見やすいため、初心者から上級者まで幅広く支持されているのが特徴です。

取り扱い仮想通貨が全て指値での板取引が可能で、手数料が安い点も嬉しいポイントですね。

NFTゲームでの実際の利用例

NFTゲームのイメージ

NFTゲームでは、ゲーム内のキャラクターやアイテムなどがNFTになっており、自分だけの資産になるのが特徴です。

ゲームで手に入れたNFTをマーケットプレイスで売買することも可能で、ゲームをプレイしながらNFTで稼げるのが魅力になっています。

人気の2つのゲームを例にして、NFTがどう利用されているか見ていきましょう。

Sorare(ソラーレ)

NFTゲームSorareのイメージ

Sorare(ソラーレ)は現役のサッカー選手のトレーディングカードが入手できるNFTゲームです。

自分の持っているトレカがNFTであり、その選手が実際の試合で活躍すると、報酬やアイテムを手に入れることができます。

また、トレカをNFTマーケットプレイスで売却して利益を得ることも可能です。

普段からサッカーが好きで試合観戦が趣味の方も多いですから、好きな選手を応援しながらNFTにも参戦できるのが楽しいですね。

STEPN(ステップン)

NFTゲームSTEPN

STEPN(ステップン)は、NFTスニーカーで歩いたり走ったりするだけで仮想通貨を稼ぐことができる、ユニークなNFTゲームです。

増やしたポイントを使ってスニーカーのレベルを上げればどんどん歩きやすくなり、報酬額も大きくなっていきます。

アシックスなどとコラボしたNFTスニーカーも企画されており、まるで現実の世界のようにスニーカーというアイテムに投資できるのが嬉しいポイントです。

NFTアートでの実際の利用例

NFTアートのイメージ図

自作のデジタルアートをNFTにして利用する取り組みは、日本のアーティストにも広がっています。

日本を代表するポップアーティストの村上隆さんは、2021年4月にNFTアート「お花(Murakami.Flowers)」を公開して話題になりました。

また、元SMAPの香取慎吾さんは1万点のNFTアートを利用してチャリティプロジェクトを行い、東京パラリンピックをサポートしました。

最近ではお笑い芸人のヒコロヒーさんがイラストレーター「可哀想に!」さんとコラボしたNFTアニメを販売したこともニュースに。

他にも女優の「のん」さんやYouTuberの「ヒカル」さんなど、有名人のNFTアート参入が続いています。

NFTを利用したアートは有名人の参入もあり認知度が上がっている状態で、今後もさらに市場規模が広がる可能性が大きいです。

NFTマーケットプレイスで転売して稼ぐこともできるため、投資目的でNFTアート購入を考えている方も増えている状況です。

メタバースでの実際の利用例

スマホでゲームをする男性

メタバースにはさまざまな種類がありますが、その世界の中で多様なアイテムがNFTとして出てくるのが特徴です。

アバターが身に着けるコスチュームやファッションアイテム・武器などのほか、メタバース上の土地(不動産)などもNFTになり資産として取引されます。

メタバースで土地を買うイメージ

2022年5月には世界初のフェルメールメタバースNFT美術館も公開されており、メタバースとNFTの新しい可能性が今後も広がっていきそうですね。

スポーツ・クラブ・会員権での実際の利用例

NFT化されたNBA選手

スポーツ・クラブのNFT利用例では、プロバスケットボールのNBAが選手のプレー映像などをNFT化して新規ユーザーを獲得しています。

日本のプロ野球パ・リーグもNBAと同じように、試合中の名場面やプレー映像などをNFT化した「パ・リーグ Exciting Moments β」を発表しました。

スポーツ選手に関連したグッズは後にお宝アイテムとなることが多く、NFTとは相性が良かったのですね。

また、NFTを利用したデジタル会員権にもさまざまな企業が参入しています。

NFTマーケットプレイス「Buynet(バイネット)」が販売した「フェラーリ 458スパイダーのNFTデジタル会員権」は、年会費無料で半永久的にフェラーリに乗ることができるNFT会員権です。

自分にとって必要がなくなった時にはいつでも売却でき、価格が上がっていれば利益を得ることもできます。

このように、NFTの仕組みをうまく使えば様々なサービスをネットワーク上で簡単に受けられ、必要でなくなった時にはマーケットに出品することで報酬を得られるため、ユーザーにとっては利便性が高くプラス面が大きいと言えますね。

NFT利用のリスクと注意点

NFTマーケットプレイスとドル札

NFTは始まったばかりのサービスであり、日本では法整備がまだまだ追いついていない面が多々あります。

現時点ではNFTの提供側も受け取る側もまだ経験が浅い状態ですから、そこを狙った詐欺なども横行しており、初心者ほど狙われやすいので注意が必要です。

ここからは、NFTならではのリスクを下記で紹介していきます。

NFT利用のリスク
  • NFTを悪用した詐欺が増えている
  • 資産価値が上下しやすい
  • 第三者の盗作NFTアートが多い

NFTを悪用した詐欺

NFTマーケットプレイスではアカウント情報を盗み出すフィッシング詐欺や、詐欺サイトに誘導してウォレットの中身を抜き取るなどの詐欺が報告されています。

NFT取引相手は海外にいることがほとんどですから、言葉の壁もあり分からないうちに大切な情報を渡してしまわないように注意が必要です。

NFTの資産価値は上下しやすい

NFTの価格は一定ではなく、その時々で上下していきます。

例えば高額で取引されているNFTトレカも、実際のトレカと同じようにいつかは値下がりしたり急に価値が上がったりする可能性もあります。

また、NFT市場の先行きがNFTの資産そのものの価値にも影響してくることが考えられるため、NFTに長期投資を考えている方は市場の動向にも目を向けるようにしましょう。

第三者の盗作NFTが出回る

デジタル作品のNFT化は、たとえ自分が制作したものではなくても簡単に出来てしまいます。

そのため悪意のある人物が第三者の著作物を無断でNFTにして出品することもあり、それを知らずに購入してしまう可能性があるのです。

盗作NFTを購入してしまった場合は資産価値はもちろんゼロですし、出品者を訴えてもお金が返ってくる確率は低いです。

NFTを購入の際には、必ずアーティストのSNSなどをチェックして作品が本物かどうか確認することをおすすめします。

NFT市場はこれからさらに成長する

世界で役立つNFTの技術

NFTはブロックチェーンを活用した新しいマーケットで、メタバースとの連携により将来的にさらなる発展が期待できます。

NFT化したアートやトレーディングカード、音楽などの資産価値は、NFT市場の成長とともに今よりもっと上がっていくと考えられています。

ただ、現在は発展途上の段階であり、改善点や必要な法整備も見えてきている状態。

ここでNFT市場の問題点が徐々に払拭され環境が整っていけば、NFTの魅力も大きくなっていくでしょう。

注目度が増していくNFTやメタバースに興味のある方は、好みのNFTマーケットプレイスを見つけて出品アイテムをチェックしてみてはいかがでしょうか。

※本記事で掲載している仮想通貨(暗号資産)等に関する記事は事業者が提供している情報に基づいていますが、その内容を保証するものではありません。

※本記事は仮想通貨(暗号資産)等に関する情報の提供を目的としており、商品を提供する事業者との代理契約や媒介、斡旋を行うものではありません。

※本記事の仮想通貨(暗号資産)等に関する記事内の情報は各事業者が公開している、または、提供を受けた情報に基づいています。取引条件の詳細等はご利用者様自身で、各事業者にお問い合わせください。

※当社は、本記事に起因してユーザーに生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。

※当社は、本記事に関して、ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切関知せず、責任を負いません。

※当社は、本記事からリンクされた第三者が運営するサイトに関して、いかなる保証もいたしません。ユーザーのご判断でご利用ください。