Liquid by FTXの評判は?他社比較でわかるメリット・デメリット

FTX Japanが運営するLiquid by FTXは取り扱い仮想通貨ペア数が最多の72種類で、独自の仮想通貨QASHも取引可能です。顧客資産は100%コールドウォレット、取り扱いやすいツール・アプリで初心者にもおすすめの仮想通貨取引所です。
  • 2022年5月31日
  • 2022年6月1日
Liquid by FTX の評判・メリット・デメリット

この記事では、Liquid by FTXの口座開設を検討中の方のために、Liquid by FTXの特徴を紹介します。

他社と比較してのメリット・デメリットについてまとめてあるので、口座開設の参考にしてください。

Liquid by FTXのメリット
  • スプレッドが最狭水準
  • ビットコイン(BTC)の手数料無料
  • オリジナル通貨QASHを取引できる
  • ツールは高機能でスマホも使いやすい
  • 100%コールドウォレット管理
Liquid by FTXのデメリット
  • 取扱通貨ペア数が多いが取扱通貨数は限定的

※本記事の価格は全て税込みです。

Liquid by FTX(旧Liquid by Quoine)とは

基本情報・特徴

Liquid by FTX
入出金手数料無料
取引手数料(BTC)販売所無料
取引所(現物)無料
取引所(レバレッジ)無料
最低取引単位(BTC)現物取引0.0001
レバレッジ-
取扱暗号資産11種類
レバレッジ取引最大2倍

Liquid by FTXは、FTX Japan株式会社が運営する仮想通貨(暗号資産)取引プラットフォームです。

2014年からサービス提供が始まった法定通貨で仮想通貨を購入できるQuoinex(コインエクスチェンジ)と、2017年にサービス提供が始まった仮想通貨同士の通貨ペアを取引可能にするQryptos(クリプトス)が統合され、2018年に誕生したのが「Liquid」です。

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)で発行したQASHトークンが世界同時上場し話題になりました。

その後、FTX Tradingによる、Liquid社および子会社であるQUOINE株式会社の買収に伴い、会社名がFTX Japanに変更され、サービス名も「Liquid by FTX」となっています。

仮想通貨(暗号資産)交換業者として日本で初めて金融庁の登録を受けた日本企業のひとつで、アカウントロック機能や顧客資産の分別管理、厳重な出金管理など各種セキュリティ対策にも力を入れているので、仮想通貨初心者でも安心です。

そんなLiquid by FTXには、次のようなメリットがあります。

Liquid by FTXのメリット
  • 100%コールドウォレット管理
  • ビットコイン(BTC)の手数料が無料
  • オリジナル通貨QASHを取引できる
  • ツールも高機能でスマホも使いやすい

ここからは、Liquid by FTXの各メリットについて詳しく紹介していきます。

Liquidのスプレッドは最狭水準

スプレッドは最狭水準

Liquid by FTXのスプレッドは、業界最狭水準です。

スプレッドとは
売る価格と買う価格の差のこと。実質的な手数料を指す。各サービス会社が設定し、常時変動している 。

仮想通貨取引のスプレッドは、一般的には2%~10%の間で常に変動しているため、最安値の販売所や取引所を探すのは時間もかかります。

また、基本的には販売所形式よりも取引所形式の方がスプレッドは狭いです。

  • 販売所形式
    仮想通貨(暗号資産)交換業者とユーザー間で通貨を売買する形式
  • 取引所形式
    仮想通貨(暗号資産)交換業者を介して、ユーザー同士で通貨を売買する形式

Liquid by FTXでは販売所形式と取引所形式の双方で取引が行われていますが、後者の取引所形式での取引通貨数が多く活発です。

Liquid by FTXでは多くのユーザー間で取引が行われており、取引の流動性が確保されていることになります。

取引量が多く流動性が高いほど価格が安定してスプレッドが狭くなるので、Liquid by FTXのスプレッドは最狭水準となっているのです。

Liquidはビットコインの手数料が無料

取引手数料

Liquid by FTXでは、ビットコイン(BTC)の取引手数料が無料です。

日本円での取引手数料が無料なのはもちろん、Liquid by FTXオリジナル通貨「QASH(キャッシュ)」とビットコイン(BTC)取引の際の取引手数料も無料になります。

仮想通貨(暗号資産)を取引する場合、メインの取引としてビットコイン(BTC)を扱うことが多いでしょう。そのため、ビットコイン(BTC)の取引手数料が無料であることは大きなメリットです。

Liquidはオリジナル通貨QASHを取引できる

QASHを使える

Liquid by FTXでは「QASH(キャッシュ)」というオリジナル通貨を取引できます。

QASHとは、Liquid by FTX上で利用されるユーティリティトークンです。

2017年11月にIEOされた仮想通貨(暗号資産)で、日本国内では通貨の売買だけでなく、レバレッジ取引の証拠金や誤送金の組み戻し手数料にも使えます。

ユーティリティトークンとは
ユーティリティトークンとは特定のサービスに利用できる実用性のあるトークンを指します。
IEOとは
「Initial Exchange Offering」の略。ブロックチェーンプロジェクトの発行する「トークン」を、仮想通貨(暗号資産)発行体が、仮想通貨交換業者を通じて上場させること。資金調達の手法としても注目されている

Liquid by FTXは現在、取引の流動性を高めるためのLiquid Platform(リキッド・プラットフォーム)の構築を進めています。

Liquidの上位ユーザー向け口座で特典や恩恵が受けられるとされている「Liquid Black(リキッドブラック)」のリリースや、トレーディングと取引所の機能を備えたモバイル・アプリ「Liquid Mobile App(リキッドモバイルアプリ)」の開発などが予定されており、今後Liquid Platformを利用するユーザーは増えていく見込みです。

Liquid Platformを使うユーザーが増えれば、それだけQASHの需要も増え、価値や実用性が高まっていくことが期待されています。

Liquidはツールも高機能でスマホも使いやすい

ツールが高機能で使いやすい

Liquid by FTXのツールは高機能で、スマホでも使いやすいことも特徴です。

PC版の取引ツールではマーケット分析をしやすい描画ツールや、ローソク・平均足・バーチャートなど7種類の足を閲覧可能。金融経験者に嬉しいツールがそろっています。

7種類のチャート機能
  • バーチャート(Bars)
  • ローソク足(Candle)
  • 中空ローソク足(Hollow Candle)
  • 平均足(Heikin Ashi)
  • ラインチャート(Line)
  • エリアチャート(Area)
  • ベースラインチャート(Baseline)

また、作成したテンプレートを保存でき、使用デバイスに依存することなく利用できます。PCとタブレットの両方を使いたい人は重宝するでしょう。

さらに、「Liquid by FTXライト版アプリ」を使えば、いつでもどこでもリアルタイムでレートを確認できます。

アプリはIOS、Androidの双方に対応しているので、スマートフォンを持っていれば誰でも利用可能です。口座開設は「Liquid by FTXライト版アプリ」からも行えるので、まずはスマホアプリから手軽に始めてみてはいかがでしょうか。

Liquidは取扱通貨ペア数が多いが取扱通貨数は限定的

取扱通貨ペア数が多い

Liquid by FTXは取扱通貨ペア数が多い反面、取扱通貨数は限定的です。

取扱通貨ペアとは、仮想通貨(暗号資産)取引で売買する通貨の組み合わせのことです。

Liquid by FTXでは仮想通貨(暗号資産)の取引に、日本円だけではなく、米国ドルやユーロを使うこともできます。

さらに、仮想通貨同士での取引も可能です。

Liquid by FTXでビットコイン(BTC)を取引する際の通貨ペア
  • BTC/JPY
  • ETH/BTC
  • XRP/BTC
  • BCH/BTC
  • QASH/BTC

また、上記以外に、QASH/ETH・XRP/QASHの取引も可能です。

加えて、Liquid by FTXの「クイック販売所」では、提供されてる全ての通貨を自由に組み合わせて取引できます。ここでの通貨組み合わせパターンは国内販売所で最多の72種類(※Liquid by FTX調べ)です。

このように、Liquid by FTXの取扱通貨ペア数自体は多いですが、取扱通貨数そのものは11種類で少なめとなっています。

Liquid by FTXで取引できる仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ソラナ(SOL)
  • ポルカドット(DOT)
  • FTXトークン(FTT)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ステラルーメン(XLM)
  • キャッシュ(QASH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)

他の大手取引所には15種類以上の通貨を扱っているサービスもあるため、Liquid by FTXで現物取引できる通貨数は少ないと言えます。

暗号資産取引所現物取引可能通貨数
Liquid by FTX11種類
DMMビットコイン12種類
Coincheck16種類
bitFlyer15種類
GMOコイン19種類

Liquidは100%コールドウォレット管理

コールドウォレットで安心

Liquid by FTXでは、顧客資産をコールドウォレットで管理しています。

コールドウォレットとは
仮想通貨(暗号資産)ウォレットをネットワークから切り離して保管すること。これにより、外部からの不正操作を防ぐことができます。

その他の取引所でもコールドウォレットは導入されていますが、資産の一部はホットウォレットで管理されていることもあります。

その点、Liquid by FTXでは、100%コールドウォレットで管理してくれるので、外部からハッキングされるリスクが減りました。

Liquidは2021年8月にハッキングされ一時期、暗号通貨の入出庫が停止となりました。この事件以来「コールドウォレット」での管理を強化しました。

…ウォームウォレットが危険にさらされたため、アセットをコールドウォレットに移動しています。…

Liquidがおすすな方

Liquidがおすすな方
  • 仮想通貨(暗号資産)の取引をすぐに始めたい方
  • 仮想通貨(暗号資産)初心者の方
  • 取引のツールにこだわりがある方
  • レバレッジ取引できる仮想通貨(暗号資産)取引所を探している方

Liquid by FTXは、仮想通貨(暗号資産)取引に慣れていない初心者にもおすすめです。

Liquid by FTXはスマホアプリから口座開設が簡単にでき、ツールが使いやすくて定評があります。

インターネット上で手続きが完結する「かんたん本人申し込み」を利用すれば、最短即日で審査が完了するので、すぐに取引を開始することも可能です。

流動性も高いので、取引所への参加ユーザー数が少なく取引できないという心配もありません。

また、Liquid by FTXは初心者のみならず、金融商品経験者にもおすすめです。

管理ツールで閲覧できる足は7種類を超え、テンプレートを保存することもできるので、自分の使い勝手が良いようにカスタマイズできます。

Liquidのよくある質問

仮想通貨・暗号資産のよくある質問

ここからは、Liquid by FTXについてのよくある質問について紹介します。

口座開設にはどれくらいの時間がかかりますか?
かんたん本人申し込みの場合は、最短即日で開設可能です。インターネット上で本人確認書類を提出し、セルフィー撮影をすればで本人確認が完結します。(※審査は平日のみ)

取り扱っている通貨の種類は何種類ですか?
Liquid by FTXでは、「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」「リップル(XRP)」「ソラナ(SOL)」「ポルカドット(DOT)」「FTXトークン(FTT)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」「ライトコイン(LTC)」「ステラルーメン(XLM)」「ベーシックアテンショントークン(BAT)」「キャッシュ(QASH)」の合計11種類の取引が可能です。

クイック販売所とはなんですか?
クイック販売所は、Liquid by FTXから仮想通貨(暗号資産)を購入、またはLiquid by FTXに保有仮想通貨を売却できる取引手数料無料のサービスです。

Liquidは初心者が安心して使える仮想通貨取引所

Liquidは初心者が安心して使える

この記事では、Liquid by FTXの特徴やメリット・デメリットについて紹介してきました。

Liquid by FTXのメリット
  • スプレッドが最狭水準
  • ビットコイン(BTC)の手数料無料
  • オリジナル通貨QASHを取引できる
  • ツールは高機能でスマホも使いやすい
  • 100%コールドウォレット管理

Liquid by FTXは取引手数料が無料で、かつ取引所形式での仮想通貨(暗号資産)売買なので、取引にかかるスプレッドも最狭水準です。

顧客資産は100%コールドウォレットで管理されているため、ハッキングの心配もありません。

また、ツールも使いやすく、スマホアプリから口座開設できます。

以上のことから、Liquid by FTXは仮想通貨初心者でも安心して使える仮想通貨取引所と言えるでしょう。

サポート体制も充実しており、困ったときはカスタマーサポートに問い合わせることもできます。また、よくある質問コンテンツや、ブログコンテンツが充実しているので、Liquid by FTXのサイト内で仮想通貨についての理解を深めることもできます。

取扱通貨数を少なく感じるかもしれないですが、それぞれの仮想通貨同士で取引できたり、仮想通貨そのものを出金できたりするので、通貨を絞って運用したい方には使い勝手の良いサービスです。

これから仮想通貨取引を始めようとしている方は、ぜひLiquid by FTXの口座を開設してみてください。

※本記事で掲載している仮想通貨(暗号資産)等に関する記事は事業者が提供している情報に基づいていますが、その内容を保証するものではありません。

※本記事は仮想通貨(暗号資産)等に関する情報の提供を目的としており、商品を提供する事業者との代理契約や媒介、斡旋を行うものではありません。

※本記事の仮想通貨(暗号資産)等に関する記事内の情報は各事業者が公開している、または、提供を受けた情報に基づいています。取引条件の詳細等はご利用者様自身で、各事業者にお問い合わせください。

※当社は、本記事に起因してユーザーに生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。

※当社は、本記事に関して、ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切関知せず、責任を負いません。

※当社は、本記事からリンクされた第三者が運営するサイトに関して、いかなる保証もいたしません。ユーザーのご判断でご利用ください。